お金借りるところ

銀行でお金を借りる【完全ガイド】元銀行員部長が種類やメリットをわかりやすく解説

お金を借りることを考えた時に、銀行を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

消費者金融は利用したことがない人にとって敷居が高く、銀行のほうが日々の生活に馴染んでいます。

銀行でお金を借りたいけれど、どんな借り方があるのかわからないという悩みを持つ人のために、この記事では銀行で借りられるローンの種類から、銀行でお金を借りるメリットまで詳しく解説していきます。

銀行でお金を借りる方法は大きく分けて3種類

パンフレット

カードローンや住宅ローン、フリーローンなど、銀行にはたくさんの商品がありますが、大きく分けると以下の3種類になります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

カードローンやフリーローンは、使用用途が決まっていなくても利用できる商品です。

住宅ローンや自動車ローンなど、使用用途がはっきりしているローンのことを目的別ローンといい、安い金利が魅力の商品となっています。

それぞれどのような特徴があるか解説していきますので、参考にしてみてください。

間違った借り方をすると無駄な利息を払ったり、審査に通らなかったりするなどのリスクがあるので、気をつけてください。

現金を借りたいならカードローン

カードローンとは、簡単にいうと現金を借りられるローンのことです。

決められた限度額内なら、必要な時に何度でもATMからお金を引き出せる便利な商品です。

カードローンの使い道は基本的に自由ですが、使用目的として多いものには生活費や旅行費が挙げられます。

  • 年末年始はイベントが多くて、食費がちょっと足りない
  • 給料日まであと3日だけど、今日中に旅行代を支払わないといけない

このような急な出費があっても、カードローンがあればすぐに支払いができます。

自由度が高いのと引き換えに、金利は他のローンより高めに設定されていますが、消費者金融のカードローンと比べると断然安いです。

利用しなければ利息は発生しませんので、すぐに使わないという人でもいざという時のために持っておくと安心です。

使い道が自由で金利が抑えられるフリーローン(多目的ローン)

フリーローンは多目的ローンとも呼ばれ、使い道が自由なローンです。

事業資金以外なら、何に使っても問題ありません。

それだけを聞くと、カードローンと何が違うのかと疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

フリーローンとカードローンの違いは借入回数にあります。

ポイント

カードローンは枠内なら何度でも借りられますが、フリーローンは一契約につき一振込です。

カードローンとフリーローン比較

例えば、限度額30万円のカードローンを利用して、ATMから30万円を引き出したとします。

その後10万円返済すると、10万円分の枠が空くという仕組みなので、審査なしで再び10万円を借りることができます。

一方フリーローンはきちんと返済をしていたとしても、追加で借りるためにはもう一度審査を受けなければなりません。

一度に借入する金額が決まっているので、カードローンよりフリーローンのほうが金利が安くなります。

そのため何度も借りる予定のない人は、フリーローンを使った方がお得になります。

使い道が決まっているなら目的別ローンがお得

目的別ローンとは使い道が決まっているローンのことで、その使い道以外に使用することはできません。

目的別ローンにはさまざまな種類がありますが、代表的なものが以下の5つです。

住宅ローン 居住用の住居を購入する際に利用するローン
自動車ローン 自動車の購入のためのローン
教育ローン 入学金や授業料、受験料、留学費などの教育費に使えるローン
リフォームローン 住宅の増改築や修繕を目的としたリフォーム資金に使えるローン
不動産担保ローン 自分が持っている土地や自宅などを担保にしてお金を借りるローン

カードローンやフリーローンのような自由度の高いローンより、目的別ローンのほうが金利は安くなります

なぜなら利用目的と利用額がはっきり決まっており、借入額が膨らむことがないからです。

例えば住宅ローンであれば、購入する土地や建物の価格は審査の段階でわかっています。

カードローンと違って借入がどんどん膨らんでいく心配がないため、金利が安く設定できるのです。

銀行のローンは全体的に金利が安い

キャッシュカード

銀行でお金を借りる最も大きなメリットは、金利の安さです。

同じ商品を扱っている消費者金融と比較しても、金利の安さでは銀行に軍配が上がります。

そのぶん審査は甘くないですが、支払いを考えると金利は1%でも安い方がお得になります。

計画的に返済をしていきたい人には、銀行のローンはかなりおすすめです。

消費者金融との金利の差は4%超

消費者金融は審査のスピードと引き換えに、金利が高めに設定されています。

銀行と消費者金融では、金利にどの程度の差があるのでしょうか。

代表的な商品ごとに比較してみました。

カードローン 住宅ローン 自動車ローン 教育ローン
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0% 13.0~17.0% 9.8~12.0%
三菱UFJ銀行 1.8~14.6% 2.475~4.640% 1.5~6.475% (変動金利)3.975%
(固定金利)4.475%
みずほ銀行 2.0~14.0% 2.475~3.05% (変動金利)3.475%
(固定金利) 4.050%
三井住友銀行 4.0~14.5% 1.59~2.475% 4.475% (有担保型)2.975%
(無担保型)3.475%
楽天銀行 1.9~14.5% 0.527~1.529% (変動金利)3.214%
(固定金利) 3.9%
イオン銀行 3.8~13.8% 0.43~3.20% 3.8~8.8% 3.8~8.8%

カードローンだけで見ても、消費者金融の最高金利は18.0%で銀行の最高金利は13.8%と、4%以上の差があります。

例えば、借入額が50万円で1年間借りる場合で利息を比較してみましょう。

借入額50万円、借入期間1年の場合の利息

金利 毎月支払額 総支払額
13.8% 44,876円 538,152円
18.0% 46,000円 549,855円

総支払額の差は11,703円であり、決して安くはない金額です。

また借入金額が増えたり、借入期間が長くなったりすれば、利息の差はさらに大きくなっていきます。

また銀行のローンを比べてみた場合、三菱UFJ銀行などのメガバンクよりも楽天銀行などのネット銀行のほうが、全体的に金利が低い傾向にあるのがわかりますね。

お得に利用したいなら、ネット銀行は一押しです。

また金利が低い金融機関といえば、ろうきん(労金)を使うという選択肢もあります。

ろうきんのカードローンは金利が10%を切る場合が多く、お得に借り入れができます。

ろうきんでお金を借りる方法について詳しく知りたい人は、以下の記事も合わせてご覧ください。

480PV
ろうきんでお金を借りるなら?低金利なカードローンの申込条件と審査について

ろうきんでお金を借りられることは知っていても、具体的なサービス内容についてはわからないという人も多いのではないでしょうか。 そもそも、ろうきんって何? どんな人が借りられるの?会員にならないとダメ? ...

続きを見る

銀行のローン審査の流れは?簡単に6ステップで解説

初めてローンに申し込む人は、ローンの審査は実際にどのように進んでいくのかと疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

商品によって多少異なりますが、ローンの審査の流れはどの銀行もほぼ同じです。

ここでは、審査の流れを具体的に解説していきましょう。

ネットや窓口で申し込む

まずは申し込みをします。

商品によってネットで申し込めるものと、窓口で申し込まなければいけないものがあります。

電話で申し込める商品もありますが、数は少ないです。

ネット銀行の場合はほとんどの商品がネットから24時間申し込めるので、忙しい人にもぴったりです。

事前審査を受ける

本審査の前に事前審査を受けます。

事前審査とは、本審査よりも簡易的な審査のことです。

簡易的といっても審査が甘いわけではありませんので注意が必要です。

この段階で確認されるのは大きく分けて以下の項目になります。

  • 氏名、生年月日、住所に間違いはないか
  • 申込金額が返済能力を超えていないか
  • 他社借入がある場合は、借入内容が正確に記入されているか
  • 過去に延滞や債務整理などをしたことがないか
  • 住宅ローンの場合、購入物件の情報(住所、用途地域など)は正確か

これらに問題がなければ事前審査はすぐに終わります。

必要書類を提出する

必要書類を提出するタイミングは、商品や銀行ごとに変わります

私が審査を担当していた銀行では、事前審査の段階で本人確認書類と収入確認書類のコピーなどの最低限の書類を提出してもらい、本審査になってから追加で提出してもらうという方法をとっていました。

ネット銀行を利用する場合は、事前審査の際に必要書類をまとめて提出することが多いです。

本審査を受ける

事前審査を通過し、書類を提出し終わったら、本審査に入ります。

本審査は事前審査よりも時間がかかり、特に金額の大きい住宅ローンは審査が長くなりやすいです。

どうしてもこの日までにお金が必要だという期日が決まっている場合は、担当者に相談してみてください。

状況を考慮して、優先的に審査をしてもらえることが多いです。

ここだけの話、そういう依頼は審査をしているとよくあることなので、伝えてもらった方が担当者としてもありがたいというのが本音です。

契約をする

本審査に通過すると、その銀行と契約を結ぶことになります。

これも商品によりますが、目的別ローンでは契約書に署名捺印し、郵送する形が一般的です。

ネット完結のカードローンなどでは、契約書は発行されず画面上で契約を締結します。

住宅ローンの場合は書類が何種類もあり、内容も複雑なことから、担当者と内容の確認しながら契約書に押印していくパターンが多いです。

融資を受ける

契約が終わると、融資が受けられます

カードローンはATMでお金がおろせるようになったり、口座振込を受けることができるようになります。

フリーローンなら、自分の口座に契約した金額のお金が振り込まれます。

目的別ローンの場合は、自分の口座にお金が入った直後に振込先へ引き落とされることがほとんどです。

銀行の審査に通るための3つの条件

銀行の審査に通るためには、最低でも次の3つの条件をクリアする必要があります。

  1. 安定した収入がある
  2. 申込年齢が20歳以上である
  3. 信用情報に事故情報がない

一つずつ解説していきますので、参考にしてください。

安定した収入がある

申し込みの際に最も重視される点は、安定した収入があるかということです。

お金を貸す側が気にしているのは、その人の返済能力です。

会社員であっても歩合給だったり、勤続年数が短い場合は、ヒアリングを受ける可能性があります。

借入額が高くなれば高くなるほど、収入面はシビアに審査されます。

最も高額である住宅ローンでは暗黙の了解として、年収300万円以上、正社員で勤続年数2年以上というチェック項目を設けている銀行が多いです。

カードローンに申し込みたい人は、アルバイトやパートの収入があれば申し込めます。

失業中の人や専業主婦、学生は、アルバイトやパートで安定した収入を得ることが審査通過の重要なポイントになります。

申込年齢が20歳以上である

申込時の年齢が20歳以上であれば、ローンに申し込むことができます

申込年齢の上限は会社によって違いますが、下限は20歳と決まっています。

ポイントは、申込時に20歳以上であるということです。

注意ポイント

融資の時に20歳になるとしても、申込段階で19歳の人はそれだけで審査に落とされてしまいますので気をつけてください。

未成年は、単独でローンを組むことはできません。

また、アルバイトをして安定した収入があっても、高校生はどのローンも申し込めないので覚えておきましょう。

20歳以上の大学生で、アルバイトをして安定した収入があれば、銀行のカードローンに申し込むことは可能です。

すぐに使わないけれど急な出費があった時の備えとして持っておきたいという学生には、金利の低い銀行カードローンがおすすめです。

中でも楽天銀行スーパーローンは金利が1.9〜14.5%と低いうえ、学生でも申し込める人気商品です。

もちろんネットで申し込めますし、どのコンビニでお金を下ろしても手数料がかからないのも大きなメリットです。

信用情報に事故情報がない

信用情報に事故情報がないことも審査通過の重要なポイントです。

ローンに申し込むと、必ず信用情報を調べられます。

信用情報とは、その人が今まで借りたローンの内容や返済状況などが全て記録されている情報のことで、延滞や債務整理などの履歴は事故情報として残ります

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

引用元: 信用情報とは:(株)日本信用情報機構

ただし、事故情報があるからといって即審査落ちになるわけではありませんので安心してください。

事故の内容については詳しく聞かれますので、できる限り詳しく正直に話すことで審査に通りやすくなります。

銀行でお金を借りる時に必要な書類は?

銀行でお金を借りる時には、用意しなければいけない書類がいくつかあります。

商品によって変わりますが、ほぼ確実に必要になるのは2つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

ここではこの2つの書類の確認ポイントと、具体的にどの書類が使えるかについて解説していきましょう。

本人確認書類は顔写真の有無が重要

本人確認書類のポイントは、顔写真の有無です。

そもそも本人確認書類は、本人以外の人からの申し込み(なりすまし)を防止するために提出するものです。

顔写真があれば申込書を書いたのは本人だとすぐにわかりますので、1つ提出するだけで済みます。

問題は本人確認書類に顔写真がない場合です。

その場合、銀行側はなりすましと本人の区別がつきませんので、2種類以上の本人確認書類が必要になります。

なかには顔写真入りの証明書が必須の商品もありますので、確認してから申し込むとよいでしょう。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 各種福祉手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳など)
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 公共料金の領収書
  • 在留カード(外国籍の場合)
  • 特別永住者証明書(外国籍の場合)

収入証明書類は最新のものを提出するのが基本

収入証明書類は返済能力の裏付けとして使われるため、最新のものを提出します。

ここで大事なのは、申込書に記入した年収と収入証明書類の金額に大きな差がないことです。

数万円の違いなら問題ありませんが、10〜100万円単位で違っていると審査がスムーズに進まなくなることが多く、最悪の場合審査に落ちてしまいます。

自分の年収がわからない時は、次の計算式でおおよその年収を割り出すことができます。

年収=月収×12ヶ月+賞与額

年収をどう書いたらいいか迷った時は、申し込んだ銀行に一度問い合わせをすると確実です。

収入証明書類として認められるもの

  • 給与明細書(直近2ヶ月分、社名入り)
  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 納税通知書(納税証明書)
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 年金証書

楽天銀行なら専用アプリで書類提出が簡単

ローンカード

書類を提出するにしても、郵送するのはなかなか手間がかかるもの。

楽天銀行スーパーローンなら、アプリを使って面倒な書類提出を簡単に終わらせることができます。

同じネット銀行のイオン銀行では、本人確認書類が運転免許証以外だと来店が必須になってしまいます。

その点、楽天銀行のネット申込はさまざまな本人確認書類に柔軟に対応しています。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • カード型健康保険証+追加書類(公共料金の領収証)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これらをスマホで撮影して送付するだけで、本人確認が終了します。

アプリを利用することにより手間も省け、郵送するよりも早く審査が終わります。

-お金借りるところ

Copyright© お金を借りるならどこ?即日で借りられる方法を元銀行員部長が解説「iscas2010」 , 2019 All Rights Reserved.